工事日時:2020年6月初旬

既存の太陽光発電システムに家庭用蓄電池「スマートスターL」を追加いたしました。

スマートスターL設置の様子です。

カバーを外すと中はこのようになっています。

このように、既存の太陽光発電システムと

ケーブルで接続されています。

蓄電池の状態を見ることにできるモニターを設置

通常時の動作

太陽光発電システムが1.4KW発電しており

家電などの消費電力は0.6KW

あまった0.8KWを売電

という状態です。「待機」というのは

充電、放電ともに行っていない状態を示しています。

停電時の動作

停電直後や、夜間など、太陽光発電システムが

発電していない場合、

蓄電池からの放電を行っている状態です。

矢印が← →で分かりやすいですね。

太陽光発電システムで発電できる場合は、

家電の消費電力を太陽光発電でまかない、

余剰分を蓄電池に充電します。

売電期間終了後は・・・

N様邸はあと2年ほど売電の期間がありますので、期間中は余剰電力を引き続き売電することができます。

期間終了後は余剰電力を充電するように、設定変更を行う必要があります。

設定変更は、下記のようにモニターから簡単に操作することができます。

蓄電池「スマートスターL」を、もう少し詳しく紹介しているページはこちらです

『施工事例』に戻る